2018年04月25日

ミラノサローネ2018 展示会報告①  Award受賞

こんにちは。いとうゆりえです。

ブログの更新がおこたりました。旅先は色々あるものです・・・ほんとうに毎日疲れ果て、いつ寝たのか記憶がありません。。。

旅の色々は後日綴るとして、今日は展示会の報告をざっくり。

Salone del Mobile. Milano(※イタリア語 )
ミラノサローネ国際家具見本市2018が4/17~22に行われました。今年はなんと世界188カ国から43万人以上の来場者で前年26%増とのこと!凄い!!

サンワカンパニーさんブースにて、コンペで受賞し制作されたコンパクトキッチンACKが展示されました。


※ちゃんとした写真はサンワカンパニーさんのHPでチェックしてみてください。かっこよく写してくれてます。
http://info.sanwacompany.co.jp/salone2018/

SANWA COMPANYのブースはHall11という、見本市の中でも偶数年のみ開催のEuro Cucinaエウロクチーナ(サローネ国際キッチン見本市)への出展でした。このEuro Cucinaエウロクチーナのエリアは、今回Hall9,11,13,15になります。

※会場のfiera milano HPより引用

Hall11は、日本でもご存知の方も多いだろうEuromobilやDadaと同じエリアです。

※地図はARCHTONIC社のもの。ダウンロード可能。会場で無料配布もされていた。
https://download.architonic.com/guide/Salone_2018_Architonic_Guide.pdf

 

周囲はダークトーンのブースが多く、展示しているキッチンも、豪華なものばかり。そして、そんな豪華なキッチンを取り囲む様に壁があり、展示物の高級感や特別な感じは引き立ちますが、少し距離を感じてしまう印象がありました。それに比べると、サンワカンパニーのブースは白を貴重にし、シンプルかつ洗練された空間が、通路に対して開放されてました。


※コンペの審査委員長でもあられた、アレッサンドロ・メンディーニ氏デザインのコンパクトキッチン。

ここへ来ようとしていなかった方も、つい立ち寄ってしまう。そんなブースだったと思います。実際、毎年来てるという方が、ここを見る予定でなかったけれども、つい立ち寄り見てしまい、今まで見た中で一番良いブースだとお話ししてくれました。


※SANWA COMPANYブースのデザインをされたキッコ・ベステッティ氏のコンパクトキッチン


※ブースのスタイリングをされたエリザ・オッシノ氏のコンパクトキッチン

 

Salone del Mobile.Milano Award受賞

そんなSANWA COMPANYのブースですが、なんと、 Salone del Mobile.Milano AwardというFiera会場出展1800社以上の中より3社しか選ばれない賞に選ばれたのです!!
Salone del Mobile.Milano Award

なんとおめでたい!!

有名デザイナー皆様の力はもちろんのことですが、うまく調和させることは大変かと想像します。

今回参加させていただいて、今までキッチン制作でお世話になった方だけでなく、イタリアでの調整作業等々、様々な仕事をされている方にお会いしました。ひとつの完成されたブースを作り上げるのに見えないところで尽力されている方がたくさんいらっしゃるのだなぁと、改めて実感しました。そして、展示会期間中は商品プレゼンテーションはじめ、来場者の対応等、それぞれの役割に尽力されている皆様、遠方(?)からWEB等で後方支援している方々、SNSで近況報告を社長自ら発信されたり、本当にチームSANWA COMPANYの受賞だなぁと間近で見て感じた展示会でした。

そんな年にご一緒できて、本当光栄な事です。

2018年04月25日 | Posted in ミラノサローネ | タグ: , , , Comments Closed 

You might also like ↓Same Category↓